FRPの加工・製造なら山陽レジン工業

Sanyo Resin

NEWS

入社3年目の「加工・トラボ担当」スタッフにお仕事内容をインタビュー!

こんにちは

FRP製品の企画・設計・製造・販売を行っている山陽レジン工業の広報担当です

今回は「加工作業・トラボ担当」のスタッフ、牧野さんにインタビューしました^^

山陽レジン工業をどのように知ったのか?から現在行っているお仕事の様子までご紹介していますので是非ご覧ください

牧野さんは現在入社3年目のスタッフです。

それではインタビューを開始します~

Q1 山陽レジン工業の前はどんなお仕事をしていましたか?
A 銀行で働いていました!22歳で入社し、ずっとモノづくりがしたいと思っており、思い切って51歳で早期退職をしました。

Q2 全く違う業界からなぜ山陽レジン工業に転職されましたか?
A 物作りができる会社をハローワークで探していましたが、良い会社が見つからず岡山県庁がしている「おかやま就職応援センター」に行き、
「ニッチで特殊な事をしている会社で、今まで行ってきた営業、銀行で培った経験も活かせ、物作りができる会社はありませんか?」
と尋ねたところ山陽レジン工業をご紹介していただきました。

Q3 2日間の職場体験は行いましたか?
A 行いました。
1日目は積層を行いました。本当に分からない事ばかりでしたが、
先輩スタッフの皆さんが丁寧に教えてくれました。
2日目の午前中は加工でした。趣味でグラインダー(研磨・切削・研削をする工具)やインパクトドライバーを使ったことがありましたが、それとは全くレベルが違ったので驚きがありました。

2日目の午後からは、検査を体験させていただき、検査、寸法、表面の磨きを体験しました。コチラも、車を磨くのと全く違い 驚きと共にここで働きたいと思いました。

Q4  2日間の職場体験はいかがでしたか?
A とても楽しかったです!
やっぱりもの作りがしたいと再認識することができました!
また、体験後の面接では社長から、会社の数字とか見てもらいたいのと、営業のノウハウもあるだろうから力を貸してほしいと言っていただけました。

Q5 配属された部署はどこですか?
A 事務です。初めは決算書を見たり、数字を見たりしていましたが、現場を知らなければ営業も行えないとなり、加工も行いながら事務も行いました。

Q6 現在も加工と事務を行なっていますか?
A 現在は「加工」「トラボの加工」「事務」を行なっています。

Q7 加工のお仕事はどの様に覚えていきましたか?
A 日々の訓練です。最初は切断しなければならないポイントに対して 離れた場所を切断していました。
しかし、それでは作業時間が大幅にかかってしまいますので、徐々に切断ポイント の近くを切断できるよう訓練しました。

Q8 加工のお仕事はどの様におそわりましたか?
A 先程の切断ポイントの話ですが、私が怖がりな性格という事もあり、失敗を怖がってはいけないと教えいていただきました。
また、安心感を与えるために「失敗しても1,000万円も損失を出すわけじゃない。せいぜい1〜3万円だから大丈夫と私の性格にあったお言葉をかけていただきました。

Q9 失敗をしたことはありますか?
A 何度もあります。

Q10 失敗した時は怒られましたか?
A 怒られたことはありません。むしろ「失敗しないと覚えられないよ!」とお言葉をかけて頂きました。
また、加工の先輩だけではなく積層工程の金田課長は、私が失敗して落ち込んでると考え気持ちのリセットを行うために社内放送でお声をかけて下さり、話をして精神面のサポートをしていただいたこともありました。

Q11 先輩スタッフからアドバイスはいただけますか?
A 気を遣うことなくドンドン聞きにいきアドバイスをいただいています。
後輩に対して本当に面倒見がよく、優しい先輩が多いです。

Q12 現在の作業レベルを教えてください
A 自分で評価をするのは違うと思いますが、あえて点数をつけるなら60点くらいだと思います。

Q13 現在、山陽レジン工業に勤めてよかったと思いますか?
A 加工、営業、積層、銀行対応、トラボに携われたりと様々なことに挑戦できる環境にとても感謝しています!

Q14 今後の目標はありますか?
A トラボの推進、会社売り上げの増加、利益率の改善です。具体的に申し上げますと、今の従業員数で売り上げを2倍にできたらと考えます。

Q15 先輩スタッフの仕事を見てどのように感じますか?
A 今の自分とは違うと思います。スピードが速いのに質が高いと思います。約1.5倍くらいの速さだと思います。

Q16 作業をしていて難しいと感じたことはありますか?
A トラボの組み立てです。現在行っているのが、ハッチがない状態のハッチとトレーを圧着する作業をしていますが、左右のバランス、圧着具合、パテ(硬化剤)の量です。
例えば、パテの量が多すぎるとはみ出て乾くまでの時間が長くなります。反対にパテの量が少ないとチャントくっつかない可能性があります。

牧野さん、ご協力ありがとうございました^^

牧野さんの今後の目標には感心しました!!私ももっともっと頑張り、山陽レジン工業の売り上げをUPできるよう頑張りたいと思います
以上が今回のインタビュー内容となります!

 

こちらの記事をご覧の方で手に職をつけたいと思われている方!山陽レジン工業で共に学び成長しませんか?
もちろん、今までFRPなんて聞いたことがない方でも大歓迎です^^

山陽レジン工業には、経験がなくても「モノ作りが好き」な方であれば、熟練スタッフのバッチリサポートで安心して成長していける体制が整っています。

少しでも、興味をもたれた方はご連絡ください

2日間の職場体験も行なっていますご自身でお仕事内容の理解をしていただけるプログラムとなっていますので是非ともご参加ください!!

さらに職場体験では2日間の給料も発生しますので、お金も貰えて職場も体験できますので一石二鳥
是非お問い合わせくださいね^^


※こちらから強引に入社を進めることは一切ありませんのでご安心ください

お問い合わせはこちらをクリック>

電話番号
086-296-6933
( 受付時間 8:30~17:30 )

会社名:山陽レジン工業株式会社

住所:〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田239-19

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

TOPへ