FRPの加工・製造なら山陽レジン工業

Sanyo Resin

NEWS

岡山のNo1 FRP製作会社と言われる理由【仕上げ編】

こんにちは

FRP製品の企画・設計・製造・販売を行っている山陽レジン工業の広報担当です

今回のテーマは「岡山のNo1 FRP製作会社と言われる理由【仕上げ編】」です!

【仕上げってなに?】

加工でカタチになった商品を磨く最終工程になります積層の時や加工の時にどれだけ気を付けても細かい傷が入ってしまうことや傷が付かなくても制作の過程で微細なホコリなどが付着してしまう可能性もあります。その様な傷やホコリを見逃す事なくキレイに取るのが仕上げのお仕事です

綺麗になっていく達成感があるので一つのことを集中して出来る方に向いているお仕事かもしれません

それではお仕事内容を詳しくご説明していきたいと思います

【どんな工具を使うの?】

先ずは工具の紹介からしていきます

アングルドリル、ベルトサンダー、ドリル、ホールソー、サンダーなど主にホームセンターで買えるような身近な工具を使用して加工していきます

左上のサンダーは自社で作った自社工具になります

【仕上げの様子】

仕上げでは目に見えないレベルの傷を取っていきます通常の室内照明では光が弱く傷などを見逃してしまう可能性があります。そこで、傷を確認するための蛍光灯を設置し、細かく確認しています。

こちらの画像は傷がある箇所を撮影したものになりますがお分かりになりますか???

下の画像が細かな傷を拡大したものになります

本当に細かい!!!

私は言われないと分かりませんでした 流石プロです

 

見つけた傷をペーパーヤスリを使用して削りすぎない様に注意し除去していきます!

次に、少し粗めのバフを使用して削り痕を平にしていきます!

最後に細かいバフを使用してわからない様に磨き上げます

真剣でカッコイイですね〜いかがでしょうか?

下の画像が磨き完了後の画像です!どの角度からキレイに見ても傷は分からなくなっています

この様に、細かい傷を一つも見逃すことなく徹底的に細かく確認し、作業を行なっている大切な工程です!

【仕上げの凄いポイント】

商品の表面を蛍光灯の光にあてて見る事はどの会社でも行なっていると思いますが、山陽レジン工業では見る角度を変えて確認する事で細かい傷も見逃しません!

しかし、確認が多くなれば必要な時間が多くなってしまいコストが上がってしまいます。しかし、山陽レジン工業の職人たちは他社よりも素早くチェック出来るよう確認レベルを上げています!

 

このように山陽レジン工業では独自のノウハウと細かい作業が実現できる職人の集団です!
FRP製品の製作なら岡山No1品質の山陽レジン工業にお問い合わせください^^

また、現在求職中の方や転職を考えられている方は山陽レジン工業で最高品質の作業を身に付けませんか?
プロの先輩スタッフが分かりやすくレクチャーし一人前まで育てます
FRPの知識がない、経験した事ない方もご安心ください^^現在働いているスタッフも他業種から入社し、プロの腕前に成長しています

山陽レジン工業の「最高品質」を受け継ぎ、FRPのプロとして一緒に成長していきましょう!!

先ずは、2日間の職場体験を経験してみてください!仕事内容が不安な方にもお勧めです

さらに職場体験では2日間の給料も発生しますので、お金も貰えて職場も体験できますので一石二鳥
是非お問い合わせください〜^^

こちらから強引に入社を進めることは一切ありませんのでご安心ください

お問い合わせはこちらをクリック>

電話番号
086-296-6933( 受付時間 8:30~17:30 )

会社名:山陽レジン工業株式会社

住所:〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田239-19

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

TOPへ