FRPの加工・製造なら山陽レジン工業

Sanyo Resin

NEWS

最高品質は20年前から!入社後に感じたことを突撃インタビュー!

こんにちは

FRP製品の企画・設計・製造・販売を行っている山陽レジン工業の広報担当です

今回は現在働いているスタッフへのインタビューをしてみました!

インタビュー内容は、

「山陽レジンを知り入社して感じたことです」

今回インタビューに協力してくれたスタッフは積層工程の金田課長です^^

では早速インタビューを開始していきましょう

質問1:山陽レジン工業を知ったきっかけは?

答え:入社したのは今から20年ほど前になります。当時は派遣社員として5年ほどFRPに携わる仕事をしていましたが、会社の景気が悪くなり派遣切りの噂が流れたので、求人情報誌をみて山陽レジン工業に電話をかけ面接のお願いをしました。

 

質問2:山陽レジン工業のどこに惹かれ応募しましたか?

答え:1番は「もの作り」と言う言葉でした。

基本的にものを作る事が好きでしたので、製造職を希望しライン作業と手作業のどちらも経験してきましたが、達成感を感じるのはやはり手作業での仕事では?と自分で感じていた点が山陽レジンと一致したところだと思います。

 

質問3:入社前の不安はありましたか?

答え:全くありませんでした!逆に、FRPを触っているから俺はここでもやっていけるんだという自信がありました!

 

質問4:実際入社してからはどうでしたか?

答え:一言で言うと、「ダーンと思いっきり叩き落とされました」笑
前の会社と同じ様な材料を使うので大丈夫だろうと思っていましたが、FRPの成形方法が違っていた為、材料の取り扱いのノウハウぐらいしか役にたちませんでした。
前職はフィラメントワインディング法という成形方法だったのに対して山陽レジン工業では、
ハンドレイアップ(HLU)成形というガラス繊維と樹脂を交互に手作業で積み上げてゆく方法です。

で作業を行っていましたが、「ここまでしなければここの仕事は成り立たないのか?」と言うのが最初の印象です。
山陽レジン工業のスタッフは普通に仕事を行なっていましたが、前の職場とは比べ物にならないくらい品質が高く、スピードが早い事に圧倒されたのを覚えています!

いかがでしたでしょうか?今回は、山陽レジン工業を知ってから入社して感じた事を紹介しましたが、インタビューをした私も山陽レジン工業の品質について聞きビックリしました。そんなにも前から「品質第一」だったんですね^^

 

今回の内容をご覧いただき、自分には無理かなっと思われた方もおられると思いますがご安心ください!山陽レジン工業では、経験がなくても「物作りが好き」な方であればバッチリサポートで安心して成長していける体制が整っています。

 

次回のお知らせでは、金田さんが入社してから成長していく様子をご紹介したいと思いますので楽しみにしていてください

この記事を見て山陽レジン工業で働いて見たい、どんな仕事をしているのか?と興味をもたれた方はご連絡ください

2日間の職場体験も行なっていますのでご参加お待ちしています

さらに職場体験では2日間の給料も発生しますので、お金も貰えて職場も体験できますので一石二鳥
是非お問い合わせください〜^^

 

※こちらから強引に入社を進めることは一切ありませんのでご安心ください

 

お問い合わせはこちらをクリック>

電話番号
086-296-6933( 受付時間 8:30~17:30 )

会社名:山陽レジン工業株式会社

住所:〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田239-19

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

TOPへ