FRPの加工・製造なら山陽レジン工業

Sanyo Resin

NEWS

なぜ山陽レジン工業に入社したのか?スタッフに突撃インタビュー!Part1

 

こんにちは

FRP製品の企画・設計・製造・販売を行っている山陽レジン工業の広報担当です

今回は検査工程スタッフの長寿さんに「なぜ山陽レジン工業に入社したのか」をインタビューをしてみました!

山陽レジン工業 スタッフ

では早速インタビューを開始していきましょう

 

質問1:山陽レジン工業を知ったきっかけは?

答え:前職はバイクのレースやバイクパーツの制作販売を行っている会社で、FRPパーツ(バイクのカウル)の製作をしていました。

その頃は、自分でFRP製作会社をしたいと思って働いていましたがFRPパーツ製作には自分しか居なかったため自分のスキルに限界を感じていました。他社の製品を見ると自分が製作していた製品よりもクオリティが高く、「このままでは成長できない」と思い、よりスキルアップ出来る職場を探しました。

その時にたまたま求人誌に掲載されていた山陽レジン工業を見つけ、職場見学に行ったのがきっかけです。。

 

質問2:山陽レジン工業のどこに惹かれ応募しましたか?

答え:技術レベルが高い!の一言です。

バイクのFRPパーツを制作していた時には、型作りから積層、仕上げまで行っていましたが、若干の歪みなどが出てしまい完璧な製品を作れていないと思っていました。

しかし、山陽レジン工業の品質は自分が出来ていない事を全て完璧にクリアしていました

特に、品質に最も影響が出る「型」の精度が高く、ぜひここで学びたい!と思い、すぐに入社を決めました。

 

質問3:入社前の不安はありましたか?

答え:不安は全くなくて、むしろ、山陽レジン工業の技術を全て盗んでやろうという思いで入社しました!

質問4:実際入社してからはどうでしたか?

答え:学べると思ってワクワクしていました。
一番に分かったことが「型の品質が圧倒的に高い」ということです!型もFRPで出来ているので硬化する際に少しの歪みが出てしまいます。しかし、山陽レジン工業ではキレイに面出しが行われているのを見て「これが本当の職人技だ」と驚きました。

質問5:先輩のフォローはありましたか?

ありました。

自分が製作した型を先輩が確認し修正を行ってくれていました。その時にも次回からのアドバイスとして、歪みや傷のチェック時に使われる蛍光灯による確認方法であったり、歪みを見つけた時の除去方法を丁寧に教えていただきました。

 

今回、長寿さんに話を聞いて、山陽レジン工業の品質って本当に高いんだと確信しました!^^!

次回のインタビューは、長寿さんがスタッフとして成長していく様子をご紹介したいと思いますので、楽しみにしていてください

いかがでしたか? 技術レベルが高すぎて自分には無理なのではと感じた方も、ご安心ください!

山陽レジン工業には、経験がなくても「物作りが好き」な方であれば、熟練スタッフのバッチリサポートで安心して成長していける体制が整っています。

 

この記事を見て山陽レジン工業で働いてみたい、どんな仕事をしているのか?と興味をもたれた方はご連絡ください

2日間の職場体験も行なっていますのでご参加お待ちしています

さらに職場体験では2日間の給料も発生しますので、お金も貰えて職場も体験できますので一石二鳥
是非お問い合わせくださいね^^

 

※こちらから強引に入社を進めることは一切ありませんのでご安心ください

 

お問い合わせはこちらをクリック>

電話番号
086-296-6933( 受付時間 8:30~17:30 )

会社名:山陽レジン工業株式会社

住所:〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田239-19

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

TOPへ