FRPの加工・製造なら山陽レジン工業

Sanyo Resin

NEWS

ユニットバスFRPパーツの製作をさせていただきました

こんにちは

FRP製品の企画・設計・製造・販売を行っている山陽レジン工業の広報担当です

 

今回の内容は、「ユニットバスが壊れたが年数経過により部品調達ができない方のご相談対応」です。

 

【ご依頼のきっかけ】

お客様からのご相談内容は「ユニットバスのカバーが壊れたので山陽レジン工業でFRPパーツを製作してもらえませんか?」でした。

ユニットバスの修理は通常、修理会社がメーカーに修理パーツを依頼し対応してくれますが、今回のケースは年数経過によりパーツの製造は行っていないと言われ修理を行うことができない状況でした。

弊社を知っていただいたきっかけは検索(FRP製作業者)でホームページがヒットしたそうです^^

 

【ユニットバスのFRPパーツ破損状況】

先ずは状況が不明だったので、ユニットバスの破損部分画像をお送りいただき修復や製作の検討をさせていただきました。

ユニットバス FRPパーツ

水道点検カバー(左)と水道蛇口側カバー(右)。

ユニットバス FRPパーツ 2

水道蛇口側裏面構造。

画像でお分かりのように損傷は激しく全てのパーツを修理対応するのは難しく修理と製作するパーツに分けご対応するという方向でお見積りを提出しました。

お客様からは「それでお願いします!」とすぐに受注をいただき製作させていただきました^^

 

【製作のポイント】 

ユニットバス FRPパーツ 4

破損部分が実際にどのようにユニットバスに設置されていたかを現地確認しました。

(ユニットバス修理と水道工事がスムーズになるよう、水道工事業者同行確認しました。)

ユニットバスカバーの水道パイプ穴の厚み、カバーの部分ごとの厚みの採寸、製作型の選定を行いました。

点検カバーは、折れた部分に積層を施し補修を行いました。

破損したユニットバスカバーと点検カバーの近似色塗装して完成です。

 

【完成したユニットバスカバー】

破損したユニットバスカバー裏面と同様の仕上がりになりました。

 

山陽レジン工業では徹底品質でFRP製作を行っていますので、メーカーパーツと比べていただいても負けていないと自負しています!今回の製作でも「凄くキレイになった!これで安心してお風呂に入れる」とお喜びの声をいただきました^

製作に関わったスタッフも嬉しい気持ちでいっぱいです

 

こちらの記事をご覧お方で現在、FRP製品でお困りのことがありましたらぜひ一度ご相談ください!

プロスタッフが全力でご対応させていただきます

 

お問い合わせはこちらをクリック>

電話番号
086-296-6933( 受付時間 8:30~17:30 )

会社名:山陽レジン工業株式会社

住所:〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田239-19

ページトップへ戻る

TOPへ