FRPの加工・製造なら山陽レジン工業

Sanyo Resin

NEWS

FRP製作で高品質を叶える独自開発の生産治具をご紹介!

こんにちは
FRP製品の企画・設計・製造・販売を行っている山陽レジン工業の広報担当です

今回は、山陽レジン工業が選ばれている理由でもっとも多い「高品質」についてです^^

高品質を叶えれる理由は様々ありますが、今回はその中の1つ「独自開発の生産治具」および「工具」についてお話をしていきます
あまり詳しくご説明できない所もありますが動画もありますのでぜひご覧ください!

では、先ず質問ですが「治具」ってご存知ですか?ご存知ない方もおられるので簡単に治具のご説明から〜

治具とは?

治具(じぐ)とは加工をする際に、加工されるものを固定し、切削、穴あけ工具などの制御、加工の案内をしてくれる、補助的な役割をもった装置です。補助工具ともいわれます。

治具のメリットとしては

  1. ワークの加工時間を短くする
  2. 加工の精度を高める
  3. 加工の品質をいつも同じにする
  4. 誰でも同じように加工できるようにする

例えば、下の写真は製品に取り付け用の穴をあけようとしている写真になりますが、毎回穴の位置をメジャーで測りマジックで印をして穴をあけるとなると、メジャーを用意して少なくても2方向から測り穴の位置を決定するといった行動が必要となります!

毎回この作業を行うと時間が大幅に掛かってしまいますし、穴の位置も本当に少しではありますがズレてしまう可能性があります。

この2つの問題を解決するのが「治具」となります!!

山陽レジン工業が製作した治具を少しご紹介!

〜穴をあける治具〜

上の写真の治具は製品に穴をあけるための案内してくれる治具となります^^
写真白い板が治具となり、小さな穴があいていると思いますがその穴が製品に穴をあける位置となります!こちらの治具を使用する事により、精度の高い穴あけが可能となりますまた、穴の位置がズレる事がなくなるので、取り付け時間の短縮にも繋がります^^

〜切断する工具〜

動画をご覧いただければお分かりのように一直線に切断する為の工具となります。通常ディスクグラインダーを手で持って切断しますが、手作業だと器用な人でも真っ直ぐ切るのは不可能で、必ず微妙に曲がってしまいます

そこで開発したのが動画の工具になります
こちらの工具を使用することで曲がりがなくキレイに切れるので、品質を保つ事ができ、さらには整形(切断線の整え作業)の時間も減る為、作業効率のUPに繋がります

今回ご紹介した治具・工具はほんの一部ですが、その他にも様々な治具を使用して製作を行い「高品質」を保っています

最後に!

山陽レジン工業の選ばれている特徴を2つご紹介いたします

その1:業界、業種を問わず、様々な試作品製作が可能!

木型から直接試作品も製作可能なので、これにより少ない初期費用で製品開発が可能となります。お打ち合わせ、設計、製作を一貫してお請けすることが可能で、ご依頼いただいたFRP製品を設計のし直しなどなくスムーズな製造が出来る体制を整えております。

その2:高品質

高い表面品質を保つ上で欠かせないのが硬化時間です。急激な発熱で製品の歪み、浮きなどを避けるために、山陽レジン工業では他社の約3倍の12時間もかけます。この様な細かなところを真面目に、コツコツと、小さな努力の積み重ねを行うような仕事をさせていただくことで、現在お取引しているお客様からの厚い信頼に繋がっております!

また、技術面でもハンドレイアップ(HLU)成形をベースにFRP職人たちがお客様の想像以上の製品を製作いたします

ご相談は無料です!お気軽にお問い合せください!

お問い合わせはこちらをクリック>

電話番号
086-296-6933
( 受付時間 8:30~17:30 )

会社名:山陽レジン工業株式会社

住所:〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田239-19

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

TOPへ